社名も企業価値!?

こんにちは。

初回のブログに続いて、今回もすこし弊社のご紹介を。

弊社の歴史は15年前(2002年)、東証一部上場企業 株式会社プロネクサス(当時 亜細亜証券印刷株式会社)の企画部門として、投資家向けの任意開示書類(株主通信、アニュアルレポート等)の企画・制作から始まりました。以来、IRコミュニケ―ション支援に軸足を置きながら、PR、CSRなど様々な分野へと領域を広げコーポレートコミュニケーションの支援を行っています。扱うメディアも、紙、Web、動画制作から株主総会などのイベント支援まで多岐にわたり、お客様の多様なニーズにお応えできる環境が整っています。

[弊社の沿革 https://www.a2media.co.jp/corporate/history.html]

さて、そんな私たちが設立当時から大切にしてきた想いはa2mediaという社名に込められています。

“From A to media”という一文が社名のルーツ。Aは“原点”(≒いの一番、一丁目一番地)を表しています。お客様が伝えるべきメッセージの核心はなんなのか、なんのために情報を発信するのか、原点思考を大切にしながら一つひとつの仕事を積み重ねてきました。

最近、統合報告書やCSR報告書では企業理念、クレドの説明を丁寧に行う企業様が増えています。社名に思いを込められている企業様は、価値創造ストーリーのルーツとして社名の由来も、ご紹介すると良いかもしれません。創業者のお名前等を冠した企業名も、創業者がどんな人で、どんな思いで創業したのかというエピソードは、読者が企業を知る上で有効なエッセンスになることもあるのではないでしょうか。

私たちもこれからお客様のもとへ伺う際は、改めて社名に注目してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA